からだ健考教室を開催中!
現在、不定期となっております
​詳細はお問合せ下さい
  • Facebook
  • Twitter

© 2018-2019

長山整形・内科

医師紹介

長山 正(ながやま ただし)
診療科:整形外科・リウマチ科
資格:堺市難病指定医
当院院長。台湾・高雄医学院(現 高雄医学大学)卒業。
台湾の医師国家試験に合格した後、渡日。
日本の医師国家試験に合格し、大阪大学医学部附属病院整形外科に入局。
大阪労災病院・市立伊丹病院・大阪船員保険病院(現 大阪みなと中央病院)・浅香山病院で、
脊椎から関節の末端に至るまで多岐にわたる病気に向き合い、様々な経験を積む。
鍼灸にも精通し、西洋医学・東洋医学にこだわらない種々の治療を行う。
患者と患者家族にもっと寄り添える「町のお医者さん」を目指すようになり、
1992年に長山整形外科(現 長山整形・内科)を開院。
今日も堺市堺区の地域医療の一端を担い続けている。
長山 郁惠(ながやま いくえ)
診療科:腎臓内科・循環器内科・内科
資格:日本内科学会認定医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医、堺市難病指定医
当院ホームページ管理者。大阪市立大学医学部卒業。
幼少期から英語・台湾語/閩南語・中国語/北京語・ドイツ語に親しみ、学生時には
世界各国(米・・独・瑞・豪・新)を留学する。
医師国家試験に合格した後、大阪労災病院で初期研修を行う。
全身管理を行いながら、患者の生活に寄り添った治療をする腎臓内科医に憧れ、
腎臓内科の道を選ぶ。
大阪労災病院・大阪医療センターで、生活習慣病・慢性腎臓病から透析・難病に至るまで、
患者・患者家族と共に日々あらゆる病気に向き合い、様々な経験を積む。
語学能力を高く評価され、海外からの患者の診断・治療を多く手掛ける。
漢方にも精通し、西洋医学・東洋医学にこだわらない種々の治療を行う一方、
人生の最期について深く考えるようになり、終末医療に積極的に取り組む。
2018年から長山整形・内科で、日常診療に携わる「町のお医者さん」となる。
総合病院で培った知識と経験を基に、地域医療の一端を担う。